VOICE

お客様の声

TOP   >   お客様の声   >   朝キャバ アウルモーニング

日々の締め作業が圧倒的に楽になりました

朝キャバ アウルモーニング 様朝キャバ

POSを導入するに至った理由を教えてください

今まではお店を閉めてから締め作業を行っていました。営業中に書き留めておいた伝票を元に計算をする形です。お店を早く閉めたときにはあまり大変さは感じませんでしたが、忙しくて営業時間ギリギリまでお店を開けていた時は計算する伝票の枚数も多いですし、忙しくて注文の書き忘れがあったりと、とにかく非効率だと感じていました。

締め作業に時間がかかると夜キャバの方の従業員にも迷惑がかかってしまうので、どうにかして効率化できる手段はないかと探していたところ、インターネットでTRUST(トラスト)のホームページを発見しました。

月額費用5万円で締め作業を圧倒的に短縮する事が出来て、しかも給与計算もしてくれるならこんなに楽な事はないだろうと(笑)そこからは早かったですね。ウチのお店は給与システムやドリンクバックシステムがシンプルだった事もあり、初期費用もかなり抑えて導入する事が出来ました。そこも大きかったですね。

紙伝票での営業との違いを教えて下さい

POSを導入後、一度家にPOSをインストールしたiPadを忘れてしまった事があり、伝票で営業をした事があったんです。その時に前はほんとにこんなに面倒な事をやっていたのかと衝撃を受けました(笑)それほどまでにPOSレジは便利なものなんです。よくキャバクラは紙伝票で営業するものなんだという意見を聞きますが、これだけ便利なものを使わない手はないと思いますね。

POSに打ち込んだ情報をアプリからWebに送信するだけで、その日の売り上げをリアルタイムに知る事が出来ます。経験に基づいた直感だったり勘みたいなものも大事だと思うんですが、データに基づいた判断より信頼できるものはありません。

実際POSを導入してから人件費率も上手く調整する事が出来ています。今後は紙伝票を推している同業の人たちにもPOSを紹介して行こうと思っています。

店舗名
朝キャバ アウルモーニング
ジャンル
朝キャバ
住所
東京都豊島区西池袋1-23-1 7F
TEL
営業時間
AM5:00〜PM5:00
店舗紹介
池袋駅の西口を出て右手に進み、マツモトキヨシと交番の間を抜け横断歩道をわたったすぐにあるビルの7Fにキャバクラアウルモーニングがあります。
朝キャバならではのセット料金の安さと、池袋という繁華街からくる女の子の人気の高さは一見の価値ありです。
女の子の年齢層は幅広いためいろいろなお客さんが楽しめるようなお店になっています。

top